インプラント治療とは

インプラント治療とは

ここ数年の間に急激にいろいろなところにインプラントの看板を見かけるようになりました。
現代の日本においては、超高齢社会が進行しており、多くの高齢者がいる状態です。

特に団塊の世代といわれる60代、そして70代くらいの人たちの人口もかなり多いものです。高齢者のための医療も日々進歩しています。



歯科医療に関しても同様です。


高齢になると歯が弱くなったりして、健康的な食生活を送ることが困難になったりするのです。

そこで、口内環境を整えることが、美味しい食事を摂れる第一歩になっていると考えられています。

高齢化に伴い、歯を失っている人も多いのですが、入れ歯などを入れて生活をするという人も多いのです。

しかしながら、ぐらつきがあったりしてかなり不具合を感じる人も少なくありません。そこで、インプラントの治療を受ける人が増えているのです。

インプラントというのは人工歯根のことであり、失った歯の部分の歯根を人工的なボルトのような器具を埋め込むことで安定をさせて、そこに人工歯を挿入するという方法です。



あごの骨にボルトを埋め込むので、安定させるまで時間もかかりますし、費用もかかります。


しかしながら、食べ物のかすが挟まって痛みを感じたりすることもありませんし、自分の歯のような感覚で食事をすることができるようになると評判です。

一本当たり30万円以上もするという高額でありながらも、高齢者には人気でかなり満足感のある治療法といえましょう。



Copyright (C) 2016 インプラント治療とは All Rights Reserved.