子供の定期的な歯科検診

子供の定期的な歯科検診

子供の定期的な歯科検診について、子供の歯科検診どの程度のスパンで歯医者にいかれているでしょうか。


歯医者では、月に一度の歯科検診を勧められるところが多いように思います。



しかし、月1回はなかなか行けないことが多いように思いますが、歯科検診をさぼっていると大変なことになるようです。



子供の歯は大人の歯より歯のエナメル質がもろくて虫歯になりやすいと言うのは一般的によく知られていることかとは思います。

虫歯になりやすいと言ってもいきなり虫歯になることはあまりなく、子供の歯の歯茎のところが白くなっているのを見かけたことがないでしょうか。

livedoorニュースに関する疑問が解決できます。

これを、食べかすや歯石だと思っていると大変です。これは、歯のエナメル質が溶けてくる「脱灰」(だっかい)という症状で虫歯になりかけているんです。

この、脱灰が進むと歯茎の際から虫歯になっていってしまうという大変怖い症状なんです。実際の脱灰の症状は、本当に歯茎に汚れがたまっているようにしか見えなくて見かけても「そろそろ、歯医者に検診いかないといけないね」程度で子供に「ちゃんと歯磨きしなさいよ」と言っていたら、歯医者さんで「この状態は治療してエナメル質をもとに戻すことができず、放置するとどんどん悪くなるんですよ」と言われびっくりします。そんな、状態にならないようにも保護者がしっかりと仕上げ磨きをして子供の口腔内の状態を把握して定期的な歯科検診を心がけることが大事なんだと思います。

Copyright (C) 2016 子供の定期的な歯科検診 All Rights Reserved.